ホーム - 卒業後の進路

卒業後の進路

卒業してから、より楽しくなる未来

工学部では、大学4年間だけでなく、大学院工学研究科(修士課程)まで進む人がほとんどです。マテリアル工学科の卒業生は、4年次に配属している研究室によって「材料デザイン工学」、「物質プロセス工学」、「化学システム工学」の3専攻に進学することになります。さらに、もっと多くの皆さんが、博士後期課程へ進学し、博士(工学)の学位修得をめざすことを期待しています。
就職する場合には、材料工学系の企業へも、化学工学系の企業へも、進むことが可能。希望をもって学ぶことが、自分の思い描く未来を現実にしていくことにつながります。

※以下の内容は、参考データとして、マテリアル工学科の母体となる現行の学科(関連コース)の進路状況を集計したものとなります。

平成27年度 就職・進路状況(参考データ)

学部卒業生

[大学進学]名古屋大学工学研究室、豊田工業大学大学院工学研究科 など
[金属・電気・機械](株)日本軽金属、三協立山(株)、(株)小松製作所、北陸電力(株)、浜松ホトニクス(株)、日本郵船(株) など
[化学]国際石油開発帝石(株)、サッポロビール(株) など
[金融・証券]東海東京フィナンシャル・ホールディングス(株)、三井住友信託銀行(株) など
[情報・通信]テレビ愛知(株) など
[官公庁]静岡県職員、東京消防署職員 など
[その他]スターバックスコーヒージャパン(株) など

(144名:物理工学科(材料工学コース)+化学・生物工学科(分子化学工学コース))

修士修了生

(105名:マテリアル理工学専攻(材料工学分野)+化学・生物工学専攻(分子化学工学分野))

博士修了生

(14名)[マテリアル理工学専攻(材料工学分野)+化学・生物工学専攻(分子化学工学分野)]
Copyright(c) 2016 Nagoya University. All Rights Reserved. Design by Nagoya University