ホーム - 入学希望の方へ - カリキュラム

カリキュラム

成長を実感しながら、学びを深める

基礎となる物理・化学・数学を学んだ上で、ステップアップ。
講義・演習・実験を通して、社会で応用できる専門知識・技能を“自由自在に使えるスキル” として身に付けることをめざします。

学び方

3+3+3型教育システム
学部・大学院を一体としたシームレスな体制で、学科に直結する3つの専攻(大学院工学研究科)へと進む道順が整っています。幅広い知識を習得した上で、自分自身の専門分野を熟考できるよう、「Late specialization」を取り入れ、4年次の研究室配属で初めて専門領域に特化した卒業研究に取り組みます。これにより、基礎教育3年、専門教育3年(学部4年次+博士前期2年間)、高度専門教育3年(博士後期3年間)の「3+3+3型教育システム」を実施します。

学部4年1年次:基礎を身に付ける

工学を学ぶ上で基礎となる学問・知識を学ぶ。

基礎教育3年
2年次:専門への道を拓く

先端分野研究のための知識を徹底的に学び、マテリアルの魅力や楽しさを知る。

3年次:専門領域を深める

将来を見据えて各自でモデルに沿った学修課目を選択し、
工学のより深遠な世界へと進む。
演習を通して、将来に向けた専門分野の知識と技能を習得する。

【 研究室配属 】
4 年次:先端研究の喜びを経験する

卒業論文作成を通して最先端設備を駆使した研究に没頭する。

専門教育3年
修士2年《大学院工学研究科(修士)》

材料デザイン工学専攻
物質プロセス工学専攻
化学システム工学専攻

博士3年《大学院工学研究科(博士)》

材料デザイン工学専攻
物質プロセス工学専攻
化学システム工学専攻

高度専門教育3年

マテリアル工学科カリキュラムフロー

Copyright(c) 2016 Nagoya University. All Rights Reserved. Design by Nagoya University