ABOUT US

生体に無毒な酸化鉄のナノ粒子を種々のバイオマテリアルで修飾することで機能をもった磁性ナノ粒子を開発し、機能性磁性ナノ粒子を用いた医療技術(ナノメディシン)の開発を行っています。磁性ナノ粒子は磁気分離および磁気誘導が可能なことから機能性磁性ナノ粒子を用いた再生医療プロセスおよび新しい再生医療技術の開発、さらに磁性ナノ粒子が交流磁場で発熱する性質を利用した機能性磁性ナノ粒子を用いたガン温熱療法の開発を行っています。その他、分離融合システム工学に基づく新しい医療技術の開発を目指します。

KEY WORDS

医用工学、ナノメディシン、バイオプロセス、ナノバイオ材料、再生医療、がん治療、磁性ナノ粒子、ティッシュエンジニアリング、がん温熱療法、細胞培養、iPS細胞、分離融合システム工学

NEWS & TOPICS

  • テクノフェア名大2019にブース出展します(2019.10.19) www.engg.nagoya-u.ac.jp/techno/techno2019/booth.php
  • 助教の公募を開始しました(2019.10.23〆切)www.nagoya-u.ac.jp/employment/upload_images/20190823_engg1.pdf
  • 井藤教授が骨格筋スマート社会実現コンソーシアム講演会で招待講演「磁力を用いた三次元筋組織構築とin vitro評価系の開発」を行いました(2019.9.19)
  • 井藤教授が生物工学会中部支部例会で特別講演「機能性磁性ナノ粒子の開発と医療分野への応用」を行いました(2019.8.6)
  • AMED医療分野研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)のプロジェクト「高機能性ビニルアルコール系重合体を用いた革新的バイオ人工膵臓の開発」を開始しました(2019.7.29)
  • 井藤教授が東海ハイパーサーミア研究会で特別講演「機能性磁性ナノ粒子を用いたハイパーサーミア」を行いました(2019.7.20)
  • 井藤研究室が発足しました(2019.5.1)